バナー
バナー
hana_kako
 

2018年5月掲載

アザミ 二色うつき
 アザミ (薊)   ニシキウツギ (二色空木)
春の館内のそこあそこに、凛々しく立つ紫色のアザミの花
タンポポよりも少しスレた感じで、そこがまた魅力的で素敵
花が白から桃へと色を変えるため、あたかも二色の花を咲
かせるが如き名が付いた。花言葉は「移り気」さもありなむ
柏葉アジサイ ナデシコ
 カシワバアジサイ (柏葉紫陽花)   ナデシコ (撫子)
梅雨入りを待ち切れず、アジサイの中では一風変わった
柏葉アジサイが一等賞に白い花を咲かせました。米蔵横
能勢の民家の横、風に揺れるナデシコの花。古今、女性
を比喩する花は数あれど、庶民派ナデシコ、かなり上位!
 

2018年4月掲載その2

矢車草 芍薬
 ヤグルマソウ (矢車草)   シャクヤク (芍薬)
こいのぼりの先端で回る矢車に、どこか姿が似ていること
から名付けられたという矢車草、五月の風に揺れてます。
当館受付の長屋門を入ってすぐの広場、今が見頃とお客
様を待っているのは芍薬の花。その風格さすがの存在感
シラン キショウブ
 シラン (紫蘭)   キショウブ (黄菖蒲)
敦賀の民家前、こいのぼりを応援するように紫蘭が咲いて
おりますが、残念ながら微風のため一家は活動休止中。
紫色が主流の菖蒲の中で、あえて黄色で勝負するのは黄
菖蒲の花。堺の風車を臨む池の縁にて咲いております。
 

2018年4月掲載

シャガ 山吹
 シャガ (著莪)   ヤマブキ (山吹)
身内であるアヤメやカキツバタらと、何かと比べられがち
ですが、淡色のシャガだって決して負けてはおりません。
大和十津川の民家横、サワサワとさわめく竹林をバックに
咲き乱れる鮮やかな山吹色が映えます。
ツツジ こでまり
 ツツジ (躑躅の蕾)   コデマリ (小手毬)
来るゴールデンウィークに標準を合わせて、只今ツツジが
地道に蕾を量産中です。満開までしばらくお待ちください。
日向椎葉の民家前広場に、真白なコデマリが咲きました。
花は小さなものが集まって咲き、まるで手毬の如くです。
 

 

 

花ごよみ 2017年度分掲載ページへ 【2016年4月 ~ 2017年3月】

 

花ごよみ 2016年度分掲載ページへ 【2015年4月 ~ 2016年3月】

 

花ごよみ 2015年度分掲載ページへ 【2014年4月 ~ 2015年3月】

 

 

 

 

△ ページトップへ戻る