バナー
バナー
sanjyo_title1_2
 

移築民家の保存に対するご協力のお願い

 

 日本民家集落博物館は、日本各地から伝統的な民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示をする日本で最初の野外博物館です。大阪府豊中市の服部緑地の一角、約3万6千㎡の敷地内に、北は岩手・南部の曲家から南は鹿児島・奄美大島の高倉まで12棟の民家を移築、展示公開しています。どの民家も江戸時代の建築で、地方固有の風土・習慣から生まれた様式を色濃く残しています。
 しかし、これらの民家を良好な状態で保ち続けるには、修復が必要です。特に茅葺屋根は、20年に1回は葺替えを行わないと、傷みがひどくなります。
 屋根の葺替えをはじめとする、民家の修復、維持、管理には多額の費用が必要となります。
 そこで、当博物館では、下記の通り、2種類の方法でのご協力をお願いしております。

ひとつは、移築民家への 賛助会 に入会いただく方法です。所定の会費を毎年納めていただいた方には、保存修理工事の見学会や博物館の催し等について、ご案内をお送りします。
 もうひとつの方法は 募金 で、博物館内へ来館されたお客様に対してお願いしております。金額には特に上下限はございません。

 ご協力、よろしくお願いいたします。

※ いただいた賛助会費、募金には、所得控除が適用されます。
  詳しくは下方の「賛助会費及び募金に対する税制上の優遇措置について」をお読みください。

 

   平成 26年 7月 1日     
 
sanjyo_title2


 当館では、移築民家の保存修理事業にご協力いただける賛助会員を募集しております。年会費をお支払いいただいた皆様には、領収書および博物館の催し案内、民家補修工事見学会の案内等をお送りいたします(ご入会日から一年後の同月末日まで)。ご協力よろしくお願いいたします。(毎年継続・更新をお願いしておりますが、単年度のみのご入会でも結構です。)

 

 

賛助会員の区分

 

個人会員 1口   5,000円

団体会員 1口  50,000円

 

入会の手続き

 

所定の申込用紙(下方「申込用紙」バナーよりダウンロード出来ます。)に必要事項をご記入の上、下記連絡先までFAXもしくは郵送にてお送りいただき、あわせて下記振込口座に賛助金をお振込みください。お振込を確認したのち、賛助会会費領収書等をお送りします。

 

hurikomi

 

 

alt= (クリックすれば用紙画面になります)

 

 

連絡先

 

公益財団法人 大阪府文化財センター  総務企画課
 〒561-0105  堺市南区竹城台3丁21番4号
 TEL 072-299-8791  FAX 072-299-8905


日本民家集落博物館
 〒561-0873  大阪府豊中市服部緑地1番2号
 TEL 06-6862-3137  FAX 06-6862-3147

 
 
sanjyo_title3


 日本民家集落博物館では、御来館の皆様からの募金を広く受け付けております。博物館入り口長屋門を入ってすぐのところに募金箱を設置し、皆様からのご支援をお願いしております。また博物館長屋門窓口でも受け付けさせていただきます。
 ※ご希望の方は、お申し出いただければ、領収書を発行いたします。

 

 
sanjyo_title4


 日本民家集落博物館を管理・運営している大阪府文化財センターは、2011年4月、公益財団法人に移行しました。 これにより同センターは法人税法及び所得税法上、特定公益法人として扱われることになりました。
 従いまして2011年4月以降、同センターへの募金、賛助会費は、一般の寄付金とは別枠で損金の額に算入される税法上の優遇措置(寄付金控除等)が受けられます。

 

 

hurikomi

 

申請手続き

 

 寄付金控除の優遇措置を受けるにあたっては、法人は決算申告時に、個人は確定申告時に、当センターが発行した領収書を添えて控除申請を行ってください。 なお、領収書の再発行はできませんので、申告時まで大切に保管してください。
 また、寄付控除の金額は、他の団体への寄付がある場合には合算での算出となりますので、ご注意ねがいます。