information english chinse korean event english

日本民家集落博物館

 

新着情報

 
New ■2017年 9月12日  トップ頁『花だより』を更新しました。
■2017年 9月 5日  『行事案内』の頁を更新しました。
■2017年 8月29日  トップ頁『News topics』を更新しました。
■2017年 8月 3日  『催しのご案内(10月~3月)』【PDF/849 KB】を更新しました。
■2017年 7月24日  平成29年度の『体験学習』をご案内いたします。
line_1

 


   タマスダレ
わくわく
     (2017年 9月12日 現在)
コスモス ムラサキシキブ
 コスモス (秋桜)   ムラサキシキブ (紫式部)
あの名曲の歌詞のように、淡紅のコスモスが秋の日の庭
先で揺れてます。ただし曇天のため陽だまりは見当たらず
 女流作家の名前を頂いたこの花は、丸い実が特徴的で
 今まだ淡い色は、しだいに鮮やかな紫へと変わります。
フジバカマ ウド
 フジバカマ (藤袴)   ウド (独活)
儚く美しくさり気なく、小宇宙のような藤袴の花。その佇ま
いからは哀愁さえ漂ってきます。 褒めすぎたかしら・・・
 秋雨の空に開いた打上げ花火のようなウドの花、光る
 水滴を従えた姿には、生命力がみなぎっています。
 

 

line_1

 

  news_b  
 

まゆから糸つむぎ・真綿作り

 

 夏の間、飛騨白川の民家で育てていた蚕たちは桑の葉をたくさん食べて大きくなり、8月には繭を作りました。かくして8月26日(土)、その繭から糸を紡ぎ真綿を作るワークショプが開催されました。
 今年は事前の問い合わせも多数あり、お昼頃には用意していた材料がなくなってしまうという盛況ぶりでした。そして夏休みの自由研究に訪れたお子様たちに負けないぐらいに、大人の方が熱心に糸を紡ぎ、真綿を作られていたのが印象的でした。
 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

糸つむぎ 真綿づくり

 

 

line_1

 

 

紙すき体験

 


 8月19日(土)紙すき体験が開催されました。

当日は猛暑の一日でしたが、小学生を含めた多くの

方々が来館してくださいました。

参加して頂いた皆さんは、紙すき工房「どんぶり」

さんの指導に従い紙をすき、思い思いにオリジナル

の葉書きを作り上げていらっしゃいました。

さてさてこの紙すき体験イベント、お子様たちの

夏休みの宿題のお手伝いになりましたかしら?

人形

 

 

line_1

 

 

かいこの飼育

 


 今年も蚕の飼育が始まっています。

飛騨白川の民家で孵化した蚕たち、日に日に大きくなって

早いものは繭を作り始めました。

8月26日(土)には、かいこのまゆから糸を紡ぐ体験会も

予定しています。

夏休みの自由研究にも最適な、かいこたちの成長を

あなたもぜひ一度、覗きに来てください。


 ※みんかの自由研究 → チラシ【PDF/319 KB】

かいこ1
            孵化したての蚕
かいこ2
          第3齢5日目の朝
かいこ3
         今年最初の繭5齢6日

 

 

line_1

 

 

木目込み人形展Ⅱ

 


 木目込み人形展が開催されました。

展示された木目込み人形は、当館のボランティア

である紅山多喜子さんから寄贈いただいた作品の

うち、厳選された人形30数点でした。

期間中、たくさんのお客様に観覧して頂きました。

ご覧になった方々は、一様に感嘆の声を上げられ

素朴でそして愛らしい人形たちの、その細かな

仕事に感心されていたように見受けられました。

人形

 

 

line_1

 

 

-知るは楽し-民家集落セミナー

 

 今年も、民家や街並み、日本と世界の伝統的な暮らしについて、考えを深めていただく講演会「民家集落セミナー」が開催されました。
 セミナーは5月20日(土)からスタートして全3回開催され、毎回文化人類学、民俗学、建築史学、博物館学など多彩な分野で活躍されている方々を講師に招き、興味深いお話を伺いました。
 講演はどの回もそれぞれに興味深い内容で、受講いただいた皆さんは講師の話に耳を傾けて、まさに知ることの楽しさを再確認されていたように見受けられました。

セミナー1 セミナー2

 

 

line_1

 

 

絵巻物とマジック

 


 5月28日(日) 当館椎葉の民家にて、絵巻物を

使っての物語とマジックのイベントが開催され

ました。

 当日は好天にも恵まれ、たくさんの方が博物館を

訪れてくださいました。

椎葉の民家へも、多くの方が足をのばされ、

「SA豊中・観覧車」の皆さんが熱演される

親しみある舞台を、笑顔で観覧されていました。

絵巻物

 

 

line_1

 

 

民家模型作品展と講座

 

 5月13日(土)から28日(日)の間、当館の日向椎葉の民家にて王慶平さんが製作された民家模型の作品を展示いたしました。。
 また初日である5月13日には「草庵茶庭について」と題した講演も行われ、聴講者からの鋭い質問に王さんが答えるなど、有意義で盛り上がった内容となりました。
 期間中立ち寄られた方はみな一様に、丁寧に作り込まれた民家の模型を興味深げに眺めていらっしゃいました。

模型展示1 模型展示1

 

 

line_1

 

 

昔の遊び

 

 全般的には好天に恵まれたゴールデンウィーク、多くの来館者が当館へ足を運んでくださいました。
 そんな連休の期間中、当館では昔懐かしい遊びを体験していただくイベントをご用意して、皆様をお待ちしました。
 イベントは日替わりで順に、こま遊び・こま作り、すだれ作り、竹筒での万華鏡作り、竹馬に挑戦、折り紙教室、腹話術と、バラエティーに富んだラインナップでした。
 そして、それぞれの「昔の遊び」イベントには多くの方が挑戦いただき、楽しげな声の響く六日間となりました。

すだれ
        5/3(水)すだれ作り
万華鏡
      5/4(木)竹筒で作る万華鏡
たけうま
      5/5(金)竹馬に乗ってみよう
腹話術
       5/7(日)腹話術を楽しもう

 

 

line_1

 

 

弦楽四重奏コンサート

 


 4月23日、快晴の日曜日、センチェリーユース・

オーケストラの皆さんによるコンサートが開催

されました。

 たくさんのお客様に恵まれたコンサートは、演奏

の会場である椎葉の民家の佇まいも、効果的に

掛け合わされて、演者さんが奏でる弦楽器の

調べが、心地よく館内に響き渡る、そんな一日と

なりました。

弦楽器

 

 

line_1

 

 

みんかで太鼓

 


 4月9日(日) 当館は椎葉の民家にて「みんかで

太鼓」イベントが開催されました。

 当日は、曇り空から晴天へ尻上りに天気は回復し

桜見物もあいまって、多くのお客様が博物館へと

足を運んでくださいました。そして来館された皆さま

は、満開の桜と、鳴り響く和太鼓の音色を堪能され

ていたようでした。

太鼓

 

 

line_1

 

 

手まり飾り体験

 

 4月2日(日)から16日(日)の間、当館の堂島の米蔵にて日本手まりの会「都手まり」の皆さんのご協力による「春の手まり展」が開催されました。
 展示された手まりにはどれも、色とりどりの糸が幾重にも巻かれ、見事な幾何学模様が描かれていました。
 また最終日の16日には「手まり飾り体験」会が開催され、参加された皆様は思い思いに糸を巻きつけ綺麗に仕上げた手作りの手まりに喜びの声をあげていらっしゃいました。

てまり1 てまり2

 

 

line_1

 

 

親子たけのこほり体験

 

 4月9日(日)心配された雨も上がり、親子たけのこほり体験が予定通り開催されました。
 当日は午前中ニ回に分けて、それぞれの回10組の親子にたけのこほりを体験していただきました。
 ボランティアさんの説明を受け、参加者は移植ゴテとクワを上手に使って、竹林から思い思いにたけのこを掘り返していらっしゃいました。
 収穫されたたけのこは例年よりやや小振りのようでしたが、そんなのは二の次で、竹林には楽しげな歓声が響いていました。

たけのこ1 たけのこ2

 

 

line_1

 

 

しのぶえ桜コンサート

 

 4月2日(日)しのぶえ桜コンサートが、当館の小豆島の農村歌舞伎舞台で開催れました。
 桜の開花の遅さが少し悔やまれましたが、それを補ってあまりある篠笛の透き通った音色が、当日は館内に響き渡っていました。
 演奏していただいた笛こるりの皆さま、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

笛1 笛2

 

 

line_1

 

 

和の装い体験

 

 4月1日(土) 民家集落博物館では、森崎きもの教室のみなさまのご協力により、館内を和装に着替えて散策していただくイベントを開催しました。
 当日はあいにくの曇天でしたが、それでも30名以上のお客様がこの体験イベントにご参加くださいました。
 特に今回は海外からの留学生の方がたくさんお見えになり、着物という日本の文化を体験できたことを、とても喜んでくださっていたのが印象的でした。
 森崎きもの教室のみなさま、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

着物1 着物2

 

 

line_1

 

 

News Topics 過去掲載ページ 2016年度  【2016年4月 ~ 2017年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2015年度  【2015年4月 ~ 2016年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2014年度  【2014年4月 ~ 2015年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2013年度  【2012年3月 ~ 2014年3月】

 

 

日本民家集落博物館

住所 〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2
開館時間 9:30~17:00 ※ただし入館は16:30まで。
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)12月27日~1月4日
アクセス 北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線接続)「緑地公園」駅下車 西口を出て約1キロ
阪急電鉄「曽根」駅下車 徒歩約30分 東へ約2キロ
国道423号線(新御堂筋)から西へ約1キロ(標示あり)服部緑地第一駐車場が最寄。
 

ホームページ内の文章・画像等の著作権は、すべて日本民家集落博物館に帰属します。それらのすべて、また、その一部を問う博物館に無断で引用・転載・複製することはできません。あしからずご了承ください。