information english chinse korean event english

日本民家集落博物館

 

新着情報

 
New ■2019年6月18日  トップ頁『花だより』を更新しました。
New ■2019年6月11日  トップ頁『News topics』を更新しました。
New ■2019年6月3日  トップ頁『News topics』を更新しました。
New ■2019年5月31日  トップ頁『花だより』を更新しました。
■2019年4月17日 トップ頁左サイド下に『平成29・30年度利用者の満足度調査アンケート結果』を公開しました。
line_1

 


   水仙
     (2019年 6月18日 現在)
あじさい 栗の花
  紫陽花(アジサイ:hydrangea)   栗の花(クリ:Chestnut flower)
ユリ 白アザミ
  百合(ユリ:lily)   白薊(シロアザミ:white thistle)
 

 

line_1

 

  news_b  
 

むかしのおうちを巡ろうnew

 

6月 9日(日)

  11時から12時にかけて

  長屋門前の広場にお集まりいただいた後、

  日向椎葉の民家と、大和十津川の民家など

  解説を交えながら、見学会を行いました。

  

  当日は好天に恵まれ、普段は立ち入ることのできない

  民家の2階などもご覧いただきました。
椎葉
1.摂津能勢の民家へ
十津川
2.飛騨白川の民家へ
十津川2
3.飛騨白川の民家へ(2階)

 

 

line_1

 

 

麦の脱穀(だっこく)new

 

5月30日(木)

  館内の畑で収穫した麦、

  10日ほど天日に干しておいたものを脱穀しました。

  当日はとてもよいお天気で、

  気持ちよく作業することができました。

  

  今となっては懐かしい民具たちではありますが、

  いまでもばっちり使える点には感心させられます。
脱穀1
1.数束ごとに千歯扱き(せんばこき)で、
             しごいて麦穂から籾を外します。
脱穀2
2.唐竿(からさお)で叩いて、唐箕(とうみ)にかけます。
脱穀3
3.最後に篩(ふるい)にかけます。
             籾殻は肥料として活用します。

 

 

line_1

 

 

『今昔いわきの年中行事 写真展』 

 

3月31日(日)~ 5月 6日(月)まで

『今昔いわきの年中行事 写真展』を開催しております。

昨年の台風被害で屋内使用が困難になった長屋門に代わり、

東日本大震災で福島県の応急仮設住宅として使用された

「いわきの板倉」を新たな事務棟として移築しました。

その記念に、いわき市暮らしの伝承郷のご協力をいただき、

福島県いわき市の今と昔を伝える年中行事を紹介しています。

どうぞゆっくりご鑑賞ください。

平七夕まつり

 

 

line_1

 

 

『春の手まり展』(ところ/堂島の米蔵) 

 

4月 6日(日)~ 4月21日(日)まで

『春の手まり展』を開催しました。

日本に古くからあるおもちゃの一つの手まり。今では

伝統工芸品として製作されるものがほとんどで、色

とりどりの糸を使って美しい幾何学文様が施された

たくさんの愛らしい手まりに心が温かくなりました。


手まり

 

 

line_1

 

 

News Topics 過去掲載ページ 2018年度  【2018年4月 ~ 2019年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2017年度  【2017年4月 ~ 2018年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2016年度  【2016年4月 ~ 2017年3月】

 

News Topics 過去掲載ページ 2015年度  【2015年4月 ~ 2016年3月】

   

 

 

日本民家集落博物館

住所 〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2
開館時間 9:30~17:00 ※ただし入館は16:30まで。
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)12月27日~1月4日
アクセス 北大阪急行電鉄(Osaka Metro 御堂筋線接続)「緑地公園」駅下車 西口を出て約1キロ
阪急電鉄「曽根」駅下車 徒歩約30分 東へ約2キロ
国道423号線(新御堂筋)から西へ約1キロ(標示あり)服部緑地第一駐車場が最寄。
 

ホームページ内の文章・画像等の著作権は、すべて日本民家集落博物館に帰属します。それらのすべて、また、その一部を問う博物館に無断で引用・転載・複製することはできません。あしからずご了承ください。